釣り用偏光サングラス

偏光サングラスを体の一部として

投稿日:

ロッドやリール、ルアー迄、釣りの道具には

自分の体の一部として愛着を持ち使っています。

どんな魚、どんなサイズが釣れるかもしれない大海原で一日中投げ続けても釣れない日だってある。

そんな釣りだからこそ

違和感がある道具を使うことは体力的にも気が散って集中できない原因にも。

ロッドとリールはバランス。それなりの重さがあってもバランスがとれたタックルは

疲労感が少ないし、快適にキャスト出来る。

しかし、リールが重すぎたり

ロッドの調子が硬すぎたり柔らかすぎたりバランスがおかしいと

「からだの一部として機能しない。」

そのことに気が散ってしまうと集中できず、キャストし続けることが出来ないことは

魚の回遊するタイミングを逃すことに直結する。

 

釣りをする時にもっとも多くの情報量を得るのは目。

 

視界から潮の流れや光量、ストラクチャー、ベイトまで、刻一刻と変化する釣り場で

目をもっとも酷使する。

結果、身体がそんなに疲れていなくても目だけが異常に疲れ切った状態になるのは

「偏光サングラスが、からだの一部として機能していないから。」

  • 眩しさを抑えきれないのは可視光線透過率が光量に合っていないから。
  • 耳やこめかみが痛くなるのはフレームが顔の形に合っていないから。
  • 眼が異常に痛くなったり、酔い、頭痛がするのは偏光レンズに歪みが生じているから。

 

これではからだの一部としては違和感を感じ、疲れる。

もっとも釣りで酷使する目だからこそ、良い偏光サングラスを使うことで

からだの一部として機能させたい。

 

かけてることを感じさせない136Glass

 

136Glassを掛けていると、かけていることを忘れてしまう事がある。

ソフトなかけ心地、雑光をカットするクリアな透明度、負担にならない軽さで

目の疲れを軽減し、からだの一部としていっさい違和感を感じない。

ぜひあなたの「からだの一部として」136Glassを使用してみたくありませんか?

 

136Glassオンラインストア

 

-釣り用偏光サングラス
-,

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …