釣り用偏光サングラス

136偏光サングラステスター「村上宏行氏」

投稿日:

今回は東北のサーフでヒラメを追い求める

136テスター「村上宏行氏」

136偏光サングラスを使用するメリット

多少の濁りがあってもハッキリ明暗が分かり、

先日は薄濁りの中魚の泳ぐ姿も確認できました。

見易いお陰で根廻をタイトに攻めすぎて→根掛かりと言うことも多々あります。

オススメのレンズカラーはライトブラウンの調光と

フラッシュレッドミラーとフラッシュグリーンミラーの3色を使用しています。

その中ではフラッシュグリーンミラーが自分の釣りのスタイルの中では一番ですね。

 

フレームに関しましてはRodemとbladeを使ってますが、bladeの方がしっくり来る感じですね。

どちらも「軽くて細いので折れるんじゃないかって?」心配になるけどそこはチタンの強さですね

感心します。

レンズも何度か砂利の上に落としたりしましたが、

傷つくこともなく釣行後に水洗い→自然乾燥で次すぐに使えるのは楽でいいです。

-釣り用偏光サングラス
-, ,

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …