釣り用偏光サングラス

2021九頭竜川サクラマス釣りに136Glass

投稿日:

寒い日が続きますが、2021年の福井県内河川

  • 九頭竜川
  • 足羽川
  • 日野川 にて

サクラマスを狙った釣りシーズンが始まります。

県外からも多くのお客様がお越しになり

銀鱗の鱗を纏った「幻の魚、サクラマス」を追い求め自慢のタックルで

”釣れても釣れなくても”釣りを本気で楽しむアングラーと魚との駆け引きが始まります。

 

サクラマス釣りは、「とにかく寒く光量の変化が激しい釣り」

もっとも気温の低い時期の2月ですから当然ですが、

ウェーディングしながら雪が降り続き、視界がとても悪かったり

鉛色の空かと思うと、晴れ間が見えたり光量の変化するタイミングがとても速い。

冬、日中の太陽は低く眩しい。

陽が落ちてくる夕陽の斜線が視界に入ると眩しい。

 

天候により光量は変化するが、優れた偏光サングラスをかければ

眩しさを抑えるだけではなく、光量の変化も激しく変えない

「一定の光量は保つため」視界がとても見えやすく

透明度の高さで視力まで上がったかのような見えやすさに拘った136Glass。

 

福井県内には136Glassの代理店様・販売店様が多いため

ぜひ手に取ってアングラーをサポートする偏光サングラス「136Glass」を

体感してください!

 

上州屋新福井店様

Fly Fishing Shop ROSE 様

めがね会館 メガネミュージアム 様

 

136Glassオンラインストア

-釣り用偏光サングラス
-

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …