釣り用偏光サングラス

2021「136Glassテスター」北村範行

投稿日:2021年6月30日 更新日:

2021年度『136Glassテスター』

北村範行氏インプレッション

 

136Glassは常に2つのレンズを使い分けています。

パープルミラーとシルバーミラー。

この日のように逆行で陽光が直接目に当たる時には

可視光線透過率15%のパープルミラー

136″Egis .B(イージス ブルー)

 

曇りや雨、ローライトの天候では

可視光線透過率30%のライトグレイ

136″Egis(イージス)

 

2つを使い分けることで、

より細かなポイントへルアーを送り込むことに役に立ちます。

この2つのレンズカラーはストラクチャーを際立たせながら

細かい白波の乱反射をしっかりと抑えるために

偏光レンズを最大限生かしているカラーだと思います。

眩しいを抑えるだけでなく、プラスの釣りに役立つ偏光サングラスとして

ぜひ使ってみてください。

 

車移動での遠征の多い私ですが、運転中もライトグレイは

とても見やすく、雨が降ってる日なども視界が良好になり

釣りに行く時から帰るまでかけ続けていられる軽さも魅力的です!

 

136Glassオンラインストア

 

 

-釣り用偏光サングラス
-,

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …