釣り用偏光サングラス

『136Glass』裸眼に勝る物なし!裸眼に最も近いガラス偏光サングラス。

投稿日:

人間の目は非常に多くの機能が自動で働き

ピントを合わせたり、光の量を調節したり、色を調節したり

意識しなくても多くの情報を目から得ることが出来ます。

 

サングラスを嫌う方の中には、

「いろんなものが見づらくなったり、暗くなるからかけない」と

色や光の情報量が少なくなることに対しての、

サングラスをかけた時の見えづらさをよく耳にします。

「結局、裸眼に勝る物なし!」なのでしょうか?

 

 

裸眼に近いガラス偏光サングラスの強み

 

偏光サングラスのレンズとして代表的な材質は

ガラスか樹脂か?の2つに絞られますが、

購入時はどちらも変わらない透明度を持っていますが

以前もお話したように、

ご自宅にある、使用している樹脂のコップとガラスのコップを見比べてください。

または車の窓ガラスと、ライトカバー(ポリカーボネート樹脂)で透明度を見比べれば

一目瞭然です!

ガラスはいつまでも透明度を維持しますが、

偏光サングラスのレンズに最も使用されている素材の樹脂は

劣化し透明度は失われていきます。

 

136Glassのガラス偏光サングラスは、購入当初の高い透明度を数年間維持し続けて

サングラスを嫌う最も多い理由の「暗くなる」

ガラスレンズの透明度で明るく見せることも可能にしたのが

わたしたちの作り上げた『3SL LENS

 

近年、デザインがファッション性の高い釣り用偏光サングラスも多く

フレームが太くなればカッコ良いけど視界は少なからず狭くなります。

更にはフレームで重量も重くなり、

目の疲れから頭痛がしたり、肩コリ、など

釣りをするから目が疲れるというよりは、偏光サングラスをかけるから

上記の様な症状が出ているアングラーの方も大変多くいます!

 

136Glassはフレームにも拘り、世界最軽量クラスのフレームは

かけていることも忘れてしまう程、軽くしなやかです!

アングラーをサポートする偏光サングラス『136Glass』を

サングラスを嫌う方もぜひ使ってみてください!

 

136Glassオンラインストア

 

 

-釣り用偏光サングラス
-

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …