釣り用偏光サングラス

眩しさを抑えるだけの偏光サングラスはもう古い!

投稿日:

春から夏にかけて水温も上がり

魚種に寄っては産卵のために接岸して着たり、

魚の活性も人も釣りに出かけやすい時期ですね!

 

釣り人も多くなり、混雑する釣り場では

目を守るためにも偏光サングラスを必ずかけてください。

管理された釣り堀などでも針を使うのは同じですから

お子さんにも偏光サングラスの着用をお願いします。

 

 

136Glass 眩しさを抑える+目の性能をサポートする機能!

 

色々なメーカーやECサイトで偏光サングラスを検索すると

「眩しさを抑え、良く見える!」

「驚くほど見える!」

「最安値!」

「水中が見えやすい!」などなど

多くのセールストークが並びます。

 

低価格帯の偏光サングラスほど、しっかりとした機能性が表示されていなかったり

実際に偏光サングラスの基準を満たしていないものもあります。

現実的な話をすると、

偏光サングラスをかけることで水中の濁りの中まで見えるようになるわけでは

ありません。

あくまでも水中を見えやすくするために、水面の乱反射を抑えるようにして

裸眼が持つ機能をサポートするのが偏光サングラスの役割です。

※裸眼

写真で見ても分かるように、陽が上がった日中は

白飛びしてしまうほどに太陽の光は強いです。

 

※136Glass着用

 

136Glassでレンズ中央から上方にかけての白飛びを抑え

コントラストをしっかりと強調させるのは136Glass「ハイブリッドレンズ」の大きな特徴です!

 

ガラスレンズでクリアな視界を保ち、その透明度は購入当初の見えやすさが

長く続く「136Glass」は

「めがねの街 鯖江」匠の技術で世界最高峰クラスの機能性。

 

偏光サングラスで釣果は変わらないでしょう?

そうかもしれませんが、

  • 世界最軽量クラスの軽さで疲れやすさの軽減
  • 歪みの少ないレンズでかけてることを忘れてしまう視界

 

アングラーを釣りだけに集中させるサポート機能は

フィッシングタックルとして必要不可欠な存在になります!

 

136Glassオンラインストア

 

 

-釣り用偏光サングラス
-

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …