釣り用偏光サングラス

秋のエギングシーズンにオススメ偏光サングラス

投稿日:

まだ真夏のような日差しと気温の毎日ですが、

海の中は少しずつ秋めいて1年でもっとも色んな魚が釣れる

”秋の荒食いシーズン”も、もう少しで始まります。

漁港や湾内、堤防など穏やかな潮の流れが入るところは

アオリイカの新子が釣れるので釣り人も1年でとても多くなります。

 

エギングおすすめ偏光サングラス

 

いろんな釣り人を見ていると、偏光サングラスをしている人

裸眼で釣りをしている人、秋のデイエギングは特に釣果に差が出ます。

新子は堤防や漁港の岸壁に隠れ、エギにチェイスしてきたり

常に水面を見ている時間が多くなります。

裸眼の釣り人は足元を意識もせず遠くへキャストしているが

アオリイカは釣れない。

偏光サングラスをかけている釣り人は、足元へエギを落とす程度で

次々とアオリイカを釣り上げている。

二人の違いは?

水面・水中が見えている?か、いないのか?

これだけの理由でも大きくエギングの釣果が変わります。

 

サイトフィッシングと呼ばれたりもする秋の新子エギングは、

ストラクチャーがハッキリ映る「ブラウン」「レッドミラー」など

赤系のレンズがアオリイカを発見もしやすく、日中の水面乱反射も防ぎます。

さらにニューカラーとして登場した

コントラストエンハンサーレンズ「ガーネットミラー」も

ストラクチャーを強調することに優れるのでお勧めです。

当社テスター村上氏もオススメなガーネットミラー

 

一つ気を付けて頂きたいのは、

エギングでテトラポッドに乗って釣りをされる方には

シルバーなどナチュラルに見えるレンズカラーをお使いください。

テトラポッドは波がかかると、苔が生えます。

色が付いたレンズでは苔を見間違える時もありますので、

テトラ帯で釣りをされる方は、ナチュラルカラーをお勧めします。

136Glass オンラインストア

 

 

-釣り用偏光サングラス
-,

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …