釣り用偏光サングラス

釣り用偏光サングラス『136Glass』

投稿日:

サングラスの言葉から

レンズが黒だったり、鏡面のように反射するレンズの眼鏡をサングラスとして

イメージすると思います。

その中でも『釣り用偏光サングラス』と

カテゴリーが湧けられているなかに136Glassも分けることが出来ます。

その理由をご紹介しましょう!

 

釣り用偏光サングラス136Glass

 

釣りシーンで目を守ることが出来るのはどの偏光サングラスでも可能です。

136Glassはガラスレンズ偏光レンズを採用していますが

ガラスだけではない、異なる素材

ガラス+偏光フィルム+CR39の3層からなるハイブリッドレンズを使用しています。

 

極限まで薄く、割れにくい構造となり

磯場などで落としても簡単に割れることはありません。

 

強烈な日差し、刻々と変化する光量に対応する透明度が高いレンズ。

136Glassは可視光線透過率を15%と30%の2つのレンズを発売していますが

どちらもしっかりと日差しから眼へのダメージを軽減し、

日差しが照り付けていても、雲が覆うと暗くなるために2つの透過率違いを用意する

アングラーもいますが、一つのレンズでも高い透明度で目に入る光量を確保するため

目まぐるしく変化する大自然の中でも圧倒的な見えやすさを実現しています!

 

かけてることを忘れる程の軽さで疲れを軽減

釣りはとても体力を使います。長時間水面を見続けることで眼精疲労から

肩コリ、首の痛み、頭痛や吐き気を伴なう人までいる程です。

眼精疲労を起こす原因は、歪んだレンズを長時間使用していることで起こりますが

歪みの少ない136Glassのハイブリッドレンズは

アングラーのからだの疲れも軽減します。

 

そして軽いことで、首や耳への負担が少なくなり

レンズ透明度と βチタンを使用した軽くソフトなかけ心地も

かけていることを忘れてしまう程です。

 

高みを目指すアングラーにより水面を見やすくするコントラストエンハンサー

釣りを追い求めて魚に近づくためにどうしても必要なのは

根掛かりする場所を攻めること。

136Glassはコントラストを強調し、水面の乱反射を取り除き

水中のコントラストを強調することでよりストラクチャーを見えやすくします。

 

一般的な偏光サングラスはデザイン優先で重すぎたり、

釣りに使用するには海の潮水に耐えられなかったり

釣り用偏光サングラスでなければ耐えられない状況が数多くあります。

 

多くのメーカーが樹脂レンズを使用していますが、

136Glassのガラス偏光ハイブリッドレンズは、

アングラーをサポートする偏光サングラスとして、

より良い釣り用偏光サングラスを探している方にもぜひお勧めできる

福井県鯖江市の匠の技術がふんだんに盛り込まれた偏光サングラスです!

 

136Glassオンラインストア

 

 

 

-釣り用偏光サングラス
-

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …