偏光サングラス 釣り用偏光サングラス

136偏光サングラステスター「永井芳明氏」

投稿日:

フカセ釣りメインの136テスターインプレッション第2回をお届けします。

今回は

136テスター[永井芳明]

偏光レンズにおける透明度は、

自分自身がするウキフカセ釣りにおいて

ウキの視界性、ラインの視界性、

海の中の餌取りや本命魚の動き、シモリの位置やハエ根の位置など

いかに本命魚を食わせるかが大事になってくる。

その為偏光レンズの透明度の低い物やギラつきなどあると使い辛い。

136偏光サングラスを使いだしてからその全ての要素が解消されました。

 

おススメのレンズカラーは、

オールマイティーで使うならレッドミラーがおススメだ。

晴天の時は、ブラウン、レッド、ゴールド系のレンズ。

雨天や曇りならブルーミラーも使いやすい。

 

今までの偏光レンズは、長時間掛けると

目の疲れや、目頭が痛くなるが

現在使用しているイージスフレームは軽く長時間かけても目の疲れが出ない。

傷にも強くこれから先何年間でも使いこめる偏光レンズです。

-偏光サングラス, 釣り用偏光サングラス
-,

関連記事

世界初、唯一無二「136偏光サングラス」で見える世界が変わる!

良い魚が釣れているので 色々と実際の釣り場での「136偏光サングラス」に関してテスター山本が書きます。   昨年のシーズンまであるメーカーの偏光サングラスを使用していました。 有名メーカーで …