TOPICS 釣り用偏光サングラス

釣り場から自宅までかけたままで帰って来れる偏光サングラス『136Glass』

投稿日:

道端に咲く、草木の色も薄っすらと色づき始め

さぁ本格的な春の釣りシーズン始まりますね!

先日ふらっと川の方へ出かけてきましたが

今年は九頭竜サクラマスも遡上が遅れているのか?

良い釣果が出ていないので、釣り人の数も少なく・・・・・

数年前の入る場所もなく順番待ちが出る程賑わっていた河川が信じられない程です。

九頭竜サクラマスは幻の魚と呼ばれていた時期もあるくらいですから

のんびりとご自身のペースで釣りを楽しみたい方は今シーズン良い釣りが出来ると思います。

 

 

「あれ!サングラスかけたままだった」カラダの一部として

 

釣り場で感じる日差しも徐々に強くなり3月の気温上昇と共に

紫外線も一気に強くなります。

136Glassを使用されているお客様から、

釣り場で偏光サングラスをかけてるのは当然ですが、

帰路に着く家までの運転中にも偏光サングラスをかけてることが気付かずに

家に帰ってシャワーを浴びる際に初めて

「あ、サングラスかけたままだった・・・」

このようなお話をよく聞きます。

 

ガラスレンズ世界最軽量クラスの136Glassとして、とても嬉しいご感想です!

 

20g代の軽さ+しっかりフィットするけど肌に対してソフトなかけ心地を

追求した偏光サングラスとして、

アングラーに着用の違和感無く、カラダの一部として機能します。

 

さらにクリアであることを追求した、”透明度”と樹脂レンズには出来ない

長期間歪まないガラスレンズで

視界に違和感を感じさせないため眼精疲労、首・肩のコリも軽減できます。

 

4月からも試し掛けの出来るイベントがありますので

ぜひ「Made in 鯖江」136Glassの見える世界を体感してください!

136Glassオンラインストア

136Glass購入出来る販売店様・代理店様

 

 

-TOPICS, 釣り用偏光サングラス
-

関連記事

「2020年」136Glassフィールドテスター吉田誠

皆さん魚釣り楽しんでいますか? 136Glassフィールドテスターの吉田誠です。 朝夕は少しずつ肌寒く秋めいて来ましたが、まだまだ日中は真夏日で日差しが強いですね。 今シーズンは私がメインに使用してい …