BLOG

なぜ「136偏光サングラス」は釣り・フィッシング用サングラスなのか?

投稿日:2019年3月31日 更新日:

偏光サングラスは、眩しさを抑え活躍するシーンは数多くあります。

ゴルフ・ドライブ・ドローン操縦・船舶操縦までetc・・・。

もちろんどのシーンでも136偏光サングラスは活躍しますが

なぜ、釣り・フィッシング用として発売するのか?

樹脂レンズに偏光フィルムが貼られた偏光サングラスは

安いものから高いものまで販売されています。

しかし、皆さん気付いてないだけで経年劣化から

偏光フィルムが歪んだり剥がれたりして

雑考カット率が落ちていることに気付いていない方が多くいます。

[熱で縮んだ偏光フィルム]

 

偏光フィルムは縮んだり歪んだりしても肉眼で見た目的には問題ないように見え、

眩しさも抑えれるし劣化してないかのように見えますが

 

 

  • サングラスをかけると酔うような感じになったり

 

  • 眩しいシーンで長時間かけ続けると目の疲れが激しい

 

  • 釣りから帰ると目が痛む

 

この様な症状が出るのは雑考カット率(UVカット率)が損なわれているからです。

 

ほとんどの偏光サングラスはUV加工樹脂レンズとして作られています。

そして熱・湿気・紫外線により弱い樹脂レンズUVカット率は

経年劣化により低下していきます。

 

しかし136シリーズはレンズ表面にUVカット加工をしていません。

3層の貼り合わせたレンズのガラスレンズその物にUVカット率99.9%の

紫外線をカットするUVカットガラスレンズを使用していますので、

熱や湿気の影響をほとんど受けない為に

樹脂レンズと比べると劣化スピードはとっても緩やかなのです!

[厳しい環境でも変化を受けにくい136ガラスレンズ]

釣り場の環境は、360度太陽光と水面の乱反射にさらされ、潮気を持つ水分と

偏光レンズに対して過酷な環境の中で繰り広げられます。

 

私たちが自信をもってお勧めする『136』偏光・偏光調光レンズは

釣り・フィッシング環境に対して極限まで劣化するスピードを抑え、

アングラーの体の一部となる見る力をサポートします!

 

 

 

-BLOG
-

関連記事

世界初、唯一無二「136偏光サングラス」で見える世界が変わる!

良い魚が釣れているので 色々と実際の釣り場での「136偏光サングラス」に関してテスター山本が書きます。   昨年のシーズンまであるメーカーの偏光サングラスを使用していました。 有名メーカーで …